Jpn3・G3/ブリーダーズゴールドカップ
競馬予想って本当に当たるの!? > 地方競馬レース > Jpn3・G3/ブリーダーズゴールドカップ
【開催場所】門別競馬場
【コース】ダート2000m

■ブリーダーズゴールドカップ 競馬予想のポイント
・JRA所属馬が圧倒的
・中枠発走の馬が好走
・上位人気馬同士での決着が多い

門別競馬場のダート2000mで施行されている地方競馬重賞競走。社団法人ジャパンブリーダーズカップ協会・農林水産省・スポーツニッポンの協賛を受けており、正式名称はJBC協会賞・農林水産大臣賞典スポーツニッポン杯ブリーダーズゴールドカップと表記される。

ホッカイドウ競馬が施行している重賞競走で、1989年に中央と地方競馬のサラブレット系4歳以上の馬により全国交流競走として創設。1994年までは札幌競馬場のダート2400mで施行、1995年より旭川競馬場のダート2300mへ変更され、2009年より門別競馬場のダート2000mに変更。
2014年より3歳以上の牝馬限定戦に変更され、同時にGRANDAME-JAPAN(古馬シーズン)の対象競走に指定されている。 1997年よりダートグレード競走に指定されており、ホッカイドウ競馬の競走では最高のGに格付け。その後はJpn2に表記を変更して施行されていたが、2014年にJpn3に格下げとなっている。
1着賞金額はホッカイドウ競馬では最高金額の2500万円。

出走資格はサラ系3歳以上の牝馬に限定され、フルゲートは16頭。ホッカイドウ競馬7頭、他地区地方競馬4頭、JRA5頭となっている。なお、2006年から外国産馬も出走可能となっている。
負担重量は3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬は2kg減。グレード別定となっているため、重賞成績により斤量が異なる。優勝馬のほとんどがJRA所属馬となっている。



Copyright(C)keibayosou Google+