Jpn3・G3/北海道2歳優駿
【開催場所】門別競馬場
【コース】ダート1800m

■北海道2歳優駿 競馬予想のポイント
・人気馬同士での決着
・中枠発走の馬がやや有利
・ノーザン・ミスプロ系が優勢
・JRA・地方所属馬が拮抗状態

門別競馬場のダート1800mで施行されている地方競馬重賞競走。農林水産大臣が賞を、道新スポーツは優勝杯を提供していることから、正式名称は農林水産大臣賞典 道新スポーツ杯 北海道2歳優秀と表記される。

1974年にサラブレット系3歳馬の重賞・北海道3歳優駿として創設され、1989年から1996年までは開催日程に左右されて、開催地・距離が共に度々変更されていた。
1997年からは門別競馬場のダート1800mにて施行されており、併せて全国交流のダートグレード競走としてG3に格付けされている。2001年からは馬齢表記の変更に伴い、現在の名称に変更となっている。

出走資格はサラ系2歳の競走馬に限定され、フルゲートは14頭。出走枠は、ホッカイドウ競馬所属馬が6頭、地方他地区所属馬が4頭、JRA所属馬が4頭に定められている。
ダートグレード競走に変更された1997年以降では、JRA所属馬とホッカイドウ競馬所属馬が、優勝数でほぼ拮抗している状態にある。

また、全日本2歳優駿(Jpn1、川崎競馬場)のトライアル競走に指定されていることから、地方所属馬に限り、優勝馬には全日本2歳優駿の優先出走権が与えられる。
傾向としては中枠が有利で逃げ〜先行馬が優勢。上位人気馬同士での決着が多くみられる。



Copyright(C)keibayosou Google+