Jpn3・G3/クイーン賞
【開催場所】船橋競馬場
【コース】ダート1800m

■クイーン賞 競馬予想のポイント
・JRA所属馬が有力
・高齢馬は割引対象
・先行馬が圧倒的有利
・外枠発走の馬に注目

船橋競馬場のダート1800mで施行されている地方競馬重賞競走。デイリースポーツを発行する神戸新聞社が優勝杯を提供しているため、正式名称はデイリー盃 クイーン賞と表記される。

1955年の創設以来、開催地・距離を変更せずに施行が続けられている。1995年の南関東グレード制施行に伴い、同年より南関東G3に格付けされ、1997年よりダートグレード競走に認定され統一G3に格付けされている。
2004年からは施行時期を12月へと移し、2006年にはダートグレード競走では初めてのハンデキャップ競走に変更されている。

12月への施行時期変更以降は古馬牝馬ダート戦線における1年の締めくくりのレースとなっており、JBCレディスクラシックに出走した競走馬が出走することもある。また、TCK女王盃およびエンプレス杯といった翌年の重賞戦線を占う一戦としても注目されている。なお、地方所属馬に限り上位2着までの競走馬にはTCK女王盃の、1着馬にはエンプレス杯の優先出走権が付与されている。

出走資格はサラ系3歳以上の牝馬に限定され、フルゲートは14頭。出走枠は南関東所属馬7頭、他地区所属馬3頭、JRA所属馬4頭に定められている。また、地方所属馬に限りレディスプレリュードの上位2頭には優先出走権が付与されている。

1998年までは地方競馬所属馬が優勝馬に名を連ねていたが、1999年以降はJRA所属馬の方が優勝回数が多くなっている。また、本競走からTCK女王盃に挑戦した馬からは5頭の優勝馬が輩出されている。

レース傾向としては人気馬が好走するケースが多いが、3着に人気薄が入着することもあるため軽視は出来ない。枠順は外枠がやや有利で、脚質は先行馬が圧倒的に強い。また、年齢的には若い馬の方が成績が良いため、高齢馬は割引対象としたい。 血統面ではサンデーサイレンスやノーザンダンサー系が好走している。



Copyright(C)keibayosou Google+