福島競馬場 / ダート2400m

■福島ダート2400m 競馬予想のポイント
・先行馬が圧倒手な成績
・切れ脚よりもスタミナが重要
・長距離向きのサンデー系が狙い目

向正面の真ん中付近からのスタートし、ダートコースをちょうど1周半する形となる。古馬500万クラスの平場戦でのみ行われているマイナーな条件となっている。
スタート直後はある程度流れてポジション取り、前半3ハロンが最も速くなる。隊列が決まってしまえば、コーナー6回の小回りダートということでペースは上がらずゆったり流れるケースがほとんどだ。
最後は各馬の脚が上がる消耗戦となる。勝負どころは2周目の向正面。1周目で出来るだけロスを出さずにポジションを上げ、好位置につくことで勝負が決まるため、切れる脚などよりも消耗戦に耐えられるスタミナタイプの馬が強い。

枠順は中〜外枠がやや有利。脚質は先行馬が圧倒的に有利。4コーナーを回って中団以降にいる馬では、マクリも決まらないため勝負にはならない。

過去の主な勝ち馬は、シンボリクリスエス、ジャングルポケット、キングカメハメハ、ブライアンズタイム、ロージズインメイ産駒。長距離適正の高い血統が優秀な成績を収めている。

福島ダート2400メートルの主なレース
4月〜11月 500万下



Copyright(C)keibayosou Google+