函館競馬場 / ダート2400m

■函館ダート2400m 競馬予想のポイント
・消耗戦となるためスタミナが重要
・減量騎手を起用した効果が大きい
・先行馬がダントツで、差し・追込みは厳しい

向正面直線の真ん中辺りからスタートし、コース全体を1周半回る。古馬500万クラスの平場戦でのみ使用され、1年に1鞍しか組まれないマイナーな条件となっている。最初の3ハロンが最も速くなり、中盤、後と行けば行くほど時計が遅くなる消耗戦となっており、その上で起伏もあるため非常にスタミナが重要なコースとなっている。
前に行き、そのままゴールまで凌ぎあう競馬となり、上がりがかかっても、後方の馬にも脚が残っていないため差しや追い込みは殆ど利かない。
また平場戦なので減量騎手の効果も大きく、1700メートルで先行できなかった馬や、芝からの転戦馬などにも注意が必要だ。

枠順は、やや外枠が有利な傾向。脚質は先行馬が最も好走しており、差し・追込みは揮わない。

過去の主な勝ち馬は、キングカメハメハ、アルデバラン2、ロージズインメイ、マンハッタンカフェ、ダンスインザダーク産駒。切れ味よりも前で粘ることの出来る馬が成績を挙げている。

函館ダート2400メートルの主なレース
6月〜7月 500万下



Copyright(C)keibayosou Google+