函館競馬場 / 芝1000m

■函館芝1000m 競馬予想のポイント
・逃げ〜先行馬が圧倒的
・枠順は外枠寄りがやや有利
・サクラバクシンオーなどの短距離血統が優勢

スタート地点は、向正面直線の真ん中よりやや左。最初の3コーナーまでは約290メートルの緩やかな上り坂になっている。3〜4コーナーはスパイラルカーブとなっていて最後の直線半ばから緩やかな下りとなりゴールまでは平坦となる。
函館競馬場は平坦コースと思われがちだが、実は起伏があるコースとなっており、芝コース全体では、高低差が3・4メートル。現在は年に1度、新馬戦のみで使用される極めてマイナーな条件だ。

枠順は、やや外枠寄りが好走傾向。レースが開催されている6月はまだ芝状態も良好であるため、内を回れる馬にもチャンスがある。短距離コースでのレースとなるため、脚質は逃げ〜先行馬が優勢だ。

過去の主な好走馬は、サクラバクシンオー、バゴ、フレンチデピュティ、キングヘイロー、アドマイヤマックス産駒。短距離向きの血統が優勢だ

函館芝1000メートルの主なレース
6月 新馬戦



Copyright(C)keibayosou Google+