函館競馬場 / 芝1800m

■函館芝1800m 競馬予想のポイント
・先行馬が圧倒的に有利
・決め手のあるサンデー系産駒が優勢
・瞬発力よりもタフな馬の方が好走できるコース

正面スタンド前直線の右端からのスタートとなり、最初の1コーナーまでは約275メートルと短いため上級条件でも最初の3ハロンの平均が遅く、スローペースの前残りが多発している。
最もペースが上がる1〜2コーナー部分が曲線部分となっているため、コーナーリングの上手さが問われる向正面でひと息がはいるが、極端なペースダウンがないため、各ハロンのラップ差が小さく、コース全体では平均からハイペースが基本となる。
重い洋芝が使われているので、瞬発力よりも持続力があるタフな競走馬を狙って行きたい。

枠順は、ほぼフラット。脚質は、先行馬が圧倒的に有利で、連対馬の多くは差し馬から輩出されている。

過去の主な勝ち馬は、マンハッタンカフェ、ステイゴールド、シンボリクリスエス、ジャングルポケット、ディープインパクト産駒。速い上がりが必要ないコースではあるが、決めて勝負となるため末脚が良いサンデーサイレンスの血統が強い。

函館芝1800メートルの主なレース
6月 HTB杯、遊楽部特別、奥尻特別
7月 巴賞、湯浜特別



Copyright(C)keibayosou Google+