函館競馬場 2600m

■函館芝2600m 競馬予想のポイント
・力のある逃げ馬の逃げ切りに注意
・長距離適正のある血統が好ましい
・重い洋芝と長距離に耐えるスタミナが必要

スタンドから見てちょうど正面付近がスタート地点となっており、コースを1周半回る。スタート後2ハロンのペースは速いが、その後は平均〜スローペースで流れる。2回目の4コーナー手前辺りから各馬が仕掛け始めるため、力のある逃げ馬がすんなり先頭に立った場合は、後続に大きな差をつけて逃げ切ってしまうこともある。
重い洋芝で起伏のある長距離戦ということで体力の消耗も激しくなるため、レースではそれに耐えうるだけのスタミナと適正が必要となるが、馬場状態や展開次第で時計の出方も大幅に変わってくるためその点には注意を払いたい。

多頭数にはなりにくいため枠順差はフラットだが、やや内枠寄りが好ましい。脚質は基本的に逃げ〜先行馬が有利と言えるが、重い洋芝に対応できるだけのスタミナが必要だ

過去の主な勝ち馬は、ジャングルポケット、マンハッタンカフェ、クロフネ、ハーツクライ、ステイゴールド産駒。長距離適正とパワーのある血統馬が好走傾向にある

函館芝2600メートルの主なレース
6月 駒ヶ岳特別
7月 北海H、横津岳特別



Copyright(C)keibayosou Google+