阪神競馬場 / ダート1400m

■阪神ダート1400m 競馬予想のポイント
・重賞戦では外枠に勝ち馬が多い
・ミスプロ・ノーザンダンサー血統が優秀
・先行馬有利だが、差し馬も届くコース形態

スタート地点は、2コーナー奥の芝ポケット。3コーナーまでの距離が542メートルと長く、外枠が芝部分を長く走れるため、最初からペースが速くなるオーバーペースになりがち。そのため、前に行く馬と後ろに行く馬が、2つに分かれてしまうこともある。最後の直線は残り200メートルが急坂となっている。基本的にはハイペースから平均ペースで流れることが多く、好走しているのは逃げ〜先行馬が多い。しかし、1200メートルほど逃げ馬が残れないため、差し〜追込み馬が差し込んでくることが多々ある。

枠順は外枠がやや有利。スタートの芝部分で外枠が長く芝を走れることもあり、重賞戦での好走馬は外枠の馬が多い。脚質的には先行馬が好成績を挙げているが、差し馬も届くため、注意が必要だ

過去の主な勝ち馬は、フジキセキ、キングカメハメハ、クロフネ、ブライアンズタイム、ゴールドアリュール産駒。スタミナ・パワーのあるミスプロやノーザンダンサー系が好走しやすいコースとも言える

阪神ダート1400メートルの主なレース
3月 播磨S、ポラリスS、鳴門S
4月 コーラルS、天王寺特別、箕面特別、安芸S
9月 エニフS、新涼特別、大阪スポーツ杯、ヤマボウシ賞
12月 ポインセチア賞、御影S、ギャラクシーS



Copyright(C)keibayosou Google+