阪神競馬場 / ダート1800m

■阪神ダート1800メートルm 競馬予想のポイント
・外枠が有利
・先行馬が圧倒的な好成績
・人気薄のスペシャルウィーク産駒に注意

スタート地点は、正面スタンド前直線の右。スタート後すぐに上り坂となる。1コーナーまでの距離が300メートルとやや短めのため先行争いが激しく、外からも先手を奪いたい馬が飛び込んでくるため内側は詰まり気味になることが多い。直線に急坂があるため、京都ダートに比べて時計、上がりが共にかかる。スピードが求められる京都とは対照的に、阪神はパワーが必須だ。レースによってバラツキがあり、ハイペースでは35秒台、スローペースでは38秒台で最初の600メートルに入る。

枠順は、外枠が有利。脚質は先行が圧倒的な成績を誇るが、勝ち負けに加わるためには先団に取り付いている必要がある。展開次第では差し馬が差し込んでくることもあり、上級クラスで道中のペースが悪い時にはマクリ差しや大外一気で台頭する場面がある。

過去の主な勝ち馬は、キングカメハメハ、クロフネ、シンボリクリスエス、マンハッタンカフェ、スペシャルウィーク産駒。中でもスペシャルウィーク産駒はこのコースに高い適性を持つことが多いため、人気薄で穴を空けることも少なくない。
阪神ダート1800メートルの主なレース
3月 伊丹S
6月 鷹取特別、灘S、城崎特別
12月 摩耶S、樅の木賞





Copyright(C)keibayosou Google+