阪神競馬場 / 芝1200m

■阪神芝1200メートル 競馬予想のポイント
・差しが決まりやすいのが特徴
・施行コース別に有利な脚質が異なる
・サクラバクシンオー産駒に良積が多数

スタート地点は向正面直線半ばより左寄り。内回りコースを使用するため、スタート直後から坂を下る形となっており、3〜4コーナー中間にかけて本格的な下り坂となっている。
直線半ばまでは下りが続き、ゴール手前200メートル付近に急坂がある。この急坂があることで前半はペースが上がりやすいが、京都競馬場と比べて逃げ切りが難しく、差しが決まりやすいのが特徴。上級条件ともなれば、更に逃げ切る事が難しくなる。

枠順は、ほぼフラットだが5枠と8枠がやや有利な傾向にある。脚質的には先行〜差しの成績が非常に良いが、Aコース時は逃げ〜先行、Bコース時は差し馬が活躍するなど、施行コースによって脚質の傾向が変わるため、施行コースには注意が必要だ。

過去の主な勝ち馬は、サクラバクシンオー、タニノギムレット、クロフネ、アグネスタキオン、マイネルラヴだが、サクラバクシンオー産駒の成績がダントツだ。ダート適性の高い種牡馬も活躍傾向にある。

阪神芝1200メートルの主なレース
3月 丹波特別
6月 戎橋特別、水無月S、出石特別
9月 セントウルS 、芦屋川特別、道頓堀S
12月 高砂特別、六甲アイランドS




Copyright(C)keibayosou Google+