阪神競馬場 / 芝2000m

■阪神芝2000メートル 競馬予想のポイント
・速い時計の決着は少ない
・切れる脚よりも急坂をこなせるパワーが重要
・サンデーサイレンス系の産駒と好相性の舞台

スタート地点は、正面スタンド前直線右の4コーナー出口付近。1コーナーまでの距離は325メートル。スタート直後の2ハロンまでは先行争いである程度速く流れるが、すんなり決まるようなら、上り坂の影響でペースがガクンと落ちる。3コーナーを過ぎた辺りから下り傾斜となり徐々に速くなり始め、600メートルある3〜4コーナーにかけての中間で加速。4コーナー手前で追い出されるのが基本的な流れになる。
極端に速い上がりも出ないため、勝ち時計も重賞や馬場が速い時でなければ2分を切ることは難しいため、切れる脚よりも最後の急坂を一気に駆け上がる力強さが必要だ。

枠順は、ほぼフラットだが6・8枠が多少有利な傾向が見られる。脚質は逃げ〜差し馬までが好走できる。
過去の主な勝ち馬は、ディープインパクト、ステイゴールド、ジャングルポケット、シンボリクリスエス、アグネスタキオン産駒。成績上位馬を見ても、ほとんどがサンデーサイレンス系のため血統面で相性が良いコースなのだろう。

阪神芝2000メートルの主なレース
3・4月 $大阪杯$
6月 $マーメイドS$、鳴尾記念G3
12月 $朝日チャレンジC$、$ラジオNIKKEI杯2歳S$




Copyright(C)keibayosou Google+