小倉競馬場 / ダート1000m

■小倉ダート1000m 競馬予想のポイント
・スピードの出るコース形態
・逃げ〜先行馬が流れこむ形が多い
・サクラバクシンオー、ゴールドアリュール産駒が優秀

向正面直線の左がスタート地点。3コーナーまである366メートルの直線では激しい先行争いとなるが、逃げ馬は1馬身くらいのリードを取れれば一息入れることが出来る。小回りコースとなっているが3〜4コーナーがスパイラルカーブとなっているためスピードが落ちにくいのが特徴。最後の直線は291メートルで若干の上り坂となっている。
小倉のダートコースで唯一の短距離戦となるが、組まれているレースは未勝利と500万クラスのみ。コースの形態上、スタート直後から下り坂となっているため、かなりのスピードが出る。内外関係なくスタート勝負となるため、先を行った競走馬がそのままゴールに雪崩れ込む展開となることが多い。

枠順は中〜外が有利。内枠に関しては先行できず馬群に包まれてしまう可能性があるため抜け出せるだけの先行力がなければ厳しい。
脚質は逃げ〜先行が断然有利。差しも決まらないことは無いが、追い込みは好走が望み辛い。

過去の主な勝ち馬は、サクラバクシンオー、ゴールドアリュール、サウスヴィグラス、ストラヴィンスキー、キングカメハメハ産駒。中でもサクラバクシンオー、ゴールドアリュール産駒は優秀と言えるだろう

小倉ダート1000メートルの主なレース
1月〜12月 未勝利戦  500万下



Copyright(C)keibayosou Google+