小倉競馬場 / ダート1700m

■小倉ダート1700メートルm 競馬予想のポイント
・瞬発力勝負にはなりづらい
・スタミナのある先行馬が有利
・キングカメハメハ、シンボリクリスエス産駒が成績優秀

正面スタンド前直線の右端がスタート地点。最初の1コーナーまでの距離は約343メートルとなっている。小倉ダート競走の中心舞台で、重賞以外ではどのクラスでもレースが組まれている。
スタート直後から各馬がポジションを取りに行くため前半500メートルは速いペース。1コーナーから上がりに入るためペースが落ち、下りで一息入ってからは一定のペースで流れる。
最後の直線に入る頃には各馬共にバテているため瞬発力勝負にはなりづらい

枠順には大きな差は見られないが、挙げるとすれば1・2枠がやや有利といったところ。
脚質は先行が圧倒的な成績差を付けており、次いで差し・逃げといった順。最後の直線で瞬発力勝負にはならないため、スタミナがあるタイプが有利といえる。

過去の主な勝ち馬は、キングカメハメハ、シンボリクリスエス、ネオユニヴァース、ゴールドアリュール、クロフネ産駒。長く良い脚を使える馬や、粘り込めるスタミナがある血統馬が優勢

小倉ダート1700メートルの主なレース
2月 和布刈特別、くすのき賞
7〜8月 KBC杯、TVQ杯、阿蘇S



Copyright(C)keibayosou Google+