小倉競馬場 / ダート2400m

■小倉ダート2400メートルm 競馬予想のポイント
・最後の直線は決めて勝負にはならない
・他の競馬場と違い、内枠はやや不利な傾向
・サンデーサイレンス系産駒が好走している条件

向正面直線の左寄りがスタート地点となり、コース全体を約1周半回る。通常は1年に3〜4回、古馬500万クラスでのみレースが組まれているマイナーな条件となっている。
スタート直後は各馬ポジション取り、スタンド前の直線に差し掛かりペースが落ち着き始める。1〜2コーナーの上り坂でペースが落ち、向正面半ばから再びピッチが上がり始め最後は追い比べとなる。
各馬共に最後の直線に入るころにはバテてしまうため決め手勝負にはならない。そのためスタミナが要求されるコースとなっている。

枠順は中枠が有利。コーナーを6回も回る小回りコースでは内枠スタートの馬が好成績なのが原則だが、本コースに関しては好走率が少ない点に注意。
脚質は、スタミナ勝負となるため先行馬が有利。差しも決まらないわけではないが、瞬発力勝負にはなりづらいため、早めに動く必要性が出てくる

過去の主な勝ち馬は、キングカメハメハ、アグネスタキオン、マーベラスサンデー、チーフベアハート、マンハッタンカフェ産駒。サンデー系がやや有利な印象を受ける

小倉ダート2400メートルの主なレース
1月〜12月 500万下



Copyright(C)keibayosou Google+