小倉競馬場 / 芝1700m

■小倉芝1700m 競馬予想のポイント
・先行有利も、差しも決まる
・終盤まで温存するレースとはなりにくい
・サンデーサイレンス系産駒が好走傾向

スタートは正面スタンド前の直線の真ん中付近。最初の1コーナーまでの距離は約172メートルとかなり短いため、序盤は向正面まで先行争いが続き、自然とペースが速くなっていく。芝1700メートルは小倉競馬場ではマイナー条件で、夏場の3歳以上の500万クラスでしか施行されない。
中盤よりも後半の600メートルで時計がかかっていることから、終盤まで脚を温存するレースにはなりにくい。ローカルコースなだけ力のある馬でないと逃げ切るのは難しい。

枠順は中〜外枠が有利。脚質は先行馬がやや優勢だが、差しも決まるため注意が必要

過去の主な勝ち馬は、ディープインパクト、ダンスインザダーク、キングカメハメハ、アドマイヤベガ、ゼンノロブロイ産駒。上位入着馬は主にサンデーサイレンス系産駒に偏っている。

小倉芝1700メートルの主なレース
8月 青島特別、500万下



Copyright(C)keibayosou Google+