小倉競馬場 / 芝2600m

■小倉芝2600m 競馬予想のポイント
・先行有利だが、差しも決まる
・人気薄の台頭が目立つ条件
・サンデーサイレンス系産駒が好走

向正面直線の半ばよりやや左がスタート地点となり、ちょうどコース全体を1周半周回する。通常は1000万と500万クラスでのみレースが組まれているコースとなる。
流れは平均からスローペースが大半で、時計が出るため速い上がりとスタミナが求められる。本コースでは逃げ〜先行の好走馬が多いが、差し馬も来るしマクリも決まる。大敗続きの競走馬が平気で巻き返してくることもあるため、波乱も珍しくない。

枠順には大きな差はないが、やや内枠が有利な傾向がある。脚質は先行馬が優勢だが、前記にもある通り、差し馬も好走傾向にある。

過去の主な勝ち馬は、ジャングルポケット、キングカメハメハ、スペシャルウィーク、ハーツクライ、ダンスインザダーク産駒。ジャングルポケットとキングカメハメハ産駒を除けば、上位成績馬のほとんどがサンデーサイレンス系となっているため注目したいところ

小倉芝2600メートルの主なレース
2〜3月 皿倉山特別、呼子特別



Copyright(C)keibayosou Google+