京都競馬場 / 芝1600m(内回り)
トップ > コース紹介 > 京都競馬場 > 芝1600m(内回り)
■京都芝1600m内回り 競馬予想のポイント
・先行〜差し馬が好走
・枠順差はないが、6枠は揮わず
・ディープインパクト、アグネスタキオン産駒が圧倒的

2〜3歳戦でのみ施行されるコース。上級戦となれば外回りコースが使用されるが、レース自体は内回りのほうが多い。スタート地点は、向正面2コーナーのポケット。3コーナーまでは約700メートルの長い直線を走る。3コーナーが頂上付近に辺りから、4コーナーへかけて下っていくというコース形態。
下級条件のみの施行となるため、スタート後の展開はあまり速くならず、マイル戦にしては差しが決まり難くなっている。特に新馬戦は、折り合い癖をつけてゆっくり走らせたいと思う気持ちがあるため、上がり3ハロンでの勝負となることも珍しくない。

枠順は有利・不利が殆どないが、6枠はやや劣る。脚質は先行〜差しが有利で追い込みは不利。新馬や未勝利馬は後方に待機して末脚を使える馬はそれほど多くないため、将来的に差し〜追い込みの脚質であっても、デビュー直後は力の差から先行できてしまう。
そのため好走馬の脚質には逃げ〜先行が多いという結果が出ている。

過去の主な勝ち馬として、ディープインパクト、アグネスタキオン、キングカメハメハ、フジキセキ産駒が好走傾向にある。特にディープインパクトとアグネスタキオンはキングカメハメハ以下に倍以上の差をつけている。サンデー系産駒が得意とするコース

京都芝1600メートル(内回り)の主なレース

1月〜11月 新馬・未勝利戦 
2月 こぶし賞
6月 あずさ賞
11月 白菊賞



Copyright(C)keibayosou Google+