京都競馬場 / 芝2000m

■京都芝2000m外回り 競馬予想のポイント
・コースによって脚質傾向が変わる
・枠順差はフラットだが、4枠はやや不振
・サンデーサイレンス系産駒が上位傾向にある

G1レースの秋華賞 が行われるコース。スタート地点は、スタンド前直線半ばからスタート。1コーナーまでの直線距離は約300メートル。各馬が抑えると前残りとなり、先行争いが激しくなると、前崩れの波乱となるのが、このコース形態の特徴とも言える。特に秋華賞はこのケースになりやすいため注意が必要だ。最後の直線は長くはないため4コーナーから馬群が動くため、小回り向きの器用さが求められる。A〜Bコースは差しやマクリ。C〜Dコースは逃げ〜先行が非常に優勢である。

枠順は、フラット。脚質は、逃げ〜差し馬が成績を残しているが、概ね先行〜差し馬で決着することが多い。
過去の主な勝ち馬として、ディープインパクト、キングカメハメハ、ネオユニヴァース、ステイゴールド、マンハッタンカフェ産駒が上位。主にサンデー系産駒が活躍する傾向。

京都芝2000メートルの主なレース
1月 若駒S
10月 秋華賞
11月 アンドロメダS、京都2歳S



Copyright(C)keibayosou Google+