中山競馬場 / ダート1800m

■中山ダート1800m 競馬予想のポイント
・好位に付けられる先行馬が優勢
・起伏に富んだタフなコースの為、スタミナが重要
・クロフネ、キングカメハメハなどのパワーのあるタイプが好走

スタート地点は、スタンド前直線の入り口。最初の1コーナーまでは約375メートルで、スタートして間もなく急坂、この部分の勾配は約2メートルだが、コース全体の高低差は4.4メートルとJRA全競馬場のダートコースの中でも最も高低差があり、起伏に富んだタフなコースとなっている。
中山のダートコースは砂が重く、走破時計もかかる馬場のため、パワー型の大型馬が活躍しやすい。特に冬場は非常に時計がかかるため、速い持ち時計を持っている馬よりも、中山ダートのコース適正を重視した方がいいだろう。切れがよい差し馬よりも、簡単にバテない先行馬を狙うのが基本となる。

枠順は内枠も悪くは無いが、5〜8枠に好走が集中している。脚質的は、前や後ろがバテバテになるため、好位に付けられる先行馬が優勢と言えるだろう。中山ダート1200メートルの実績はここでも信頼することができるため注意が必要だ。

過去の主な勝ち馬は、クロフネ、キングカメハメハ、シンボリクリスエス、ネオユニヴァース、ゴールドアリュール産駒が断然優勢と言える成績を残しているだけに、期待度が高い

中山ダート1800メートルの主なレース
3月 マーチS
4月 伏竜S
12月 師走S



Copyright(C)keibayosou Google+