中山競馬場 / 芝1200m

■中山芝1200m 競馬予想のポイント
・サクラバクシンオー産駒と好相性
・内を回れる先行馬に有利なコース
・前傾ラップが基本のため、先行力が必要

向正面に入った坂の頂上がスタート地点。スタート直後から4コーナーまでは500メートル近くあり、約4メートルの下り坂になっているためスピードがつきやすく、全競馬場の中でも屈指の高速コーナーといえる。
テンポが速いが、ゴール前には高低差2.4メートルの急坂があり、これが効果的な存在となっているが、ゴール直前の直線が310メートルと短いため、後方一気は余程のことがない限りは決まらない。短距離戦なので当然前傾ラップになり、基本的に先行力が必要だが、逃げ切るのにはかなりの力がいる。

枠順に大きな差は無いが、やや外枠が有利。脚質は逃げ〜差しと対応しているが、走れる内枠は距離のロスがなく最後の直線で前が詰まるリスクがある一方、3〜4コーナーは高速コーナーとなっているため、外の馬が振られることで、捌くスペースができ、内を回れる先行馬が有利なコースといえる。

過去の主な勝ち馬は、サクラバクシンオー、マンハッタンカフェ、キングカメハメハ、スウェプトオーヴァーボード、キングヘイロー産駒。中でもサクラバクシンオー産駒がトップ成績となっている。

中山芝1200メートルの主なレース
3月 オーシャンS
9月 スプリンターズS



Copyright(C)keibayosou Google+