中山競馬場 / 芝2500m

■中山芝2500m 競馬予想のポイント
・5〜7枠、先行〜差し馬が優勢
・消耗戦となりやすく、スタミナが重要
・ステイゴールド産駒との相性が良いコース

スタート地点は緩い下り傾斜の3コーナー手前。正面スタンド前で最初の急坂に差し掛かり、1〜2コーナーの中間までは上り坂、その後は内回りコースに入っていく。
ペース展開は遅いのでそれほど先行争いで窮屈になることはなく、6つのコーナーを回るため道中で息をいれ易いコース形態となっているが、実際には激しい消耗戦となるためスタミナが問われる。
上級条件になるほど、ラストスパートの地点が前になってくるため、実際には上がりがかかりやすレースになると認識しておいたほうがいいだろう。

枠順は5〜7枠がやや有利。脚質は先行・差し馬が優勢となっている。

過去の主な勝ち馬は、ステイゴールド、ハーツクライ、キングカメハメハ、ゼンノロブロイ、シンボリクリスエス産駒。主にサンデー系産駒が好走しているが、中でもステイゴールド産駒は抜群の相性を誇るため、期待度が高い

中山芝2500メートルの主なレース
3月 日経賞
12月 有馬記念



Copyright(C)keibayosou Google+