新潟競馬場 / 芝2000m(外回り)
トップ > コース紹介 > 新潟競馬場 > 芝2000m(外回り)

■新潟芝2000m(外回り) 競馬予想のポイント
・差し馬が優勢。逃げ切りは困難
・上がり勝負で切れ味が求められるコース
・ディープインパクトなど切れ味のあるサンデー系が優秀

主に古馬戦をメインに施行されているコース。スタート地点は向正面直線の右奥、2コーナーポケット。内回りの芝1400メートルと同じ地点。最初の3コーナーまでの直線距離は948メートルとかなり長く、2000メートルでコーナーが2回のコースは日本でも新潟競馬場だけということもあって目玉コースの1つとなっている。
レース序盤は平均ペース、3〜4コーナーのカーブで緩み、最後の直線での上がり勝負となる。ペースは平均からスローが多く、上がり勝負となるため直線での切れ味が求められるコースだ。

枠順は、1・4・7枠に好走が目立つ。脚質は逃げ切りが困難なこともあり、差し馬が有利。開催が進んで馬場が荒れてくると外ラチからの大外一気も見られる。

過去の主な勝ち馬は、ディープインパクト、スペシャルウィーク、シンボリクリスエス、キングカメハメハ、アグネスタキオン産駒。やはり切れ味勝負となればサンデーサイレンス系が優秀だ

新潟芝2000メートル(外回り)の主なレース
5月 新潟大賞典 、早苗賞、荒川峡特別
8月 信濃川特別、浦佐特別、佐渡S、糸魚川特別
9月 新潟記念
10月 菅名岳特別



Copyright(C)keibayosou Google+