札幌競馬場 / 芝1000m

■札幌芝1000m 競馬予想のポイント
・新馬戦や500万下が中心
・サンデーサイレンス系産駒が好走
・内枠有利も、スタートの得意な馬は外でも不利にはならない

向正面の真ん中付近がスタート地点となり、最初の3コーナーまでは約200メートルある。札幌競馬場は全体の高低差が0.6メートルと小さく、ほぼ平坦なコース。また、コース全体が丸みを帯びており、コーナーが大回りで直線部分が短いという特徴がある。
札幌芝1000メートルは札幌競馬場の中でもマイナーな条件のため、年によっては開催されないこともある。行われる場合は新馬戦や500万クラスのレースが中心となっている。

枠順は内枠が好ましい。フルゲートが14頭でその際の11番ゲートより外枠はやや苦しい印象を受けるが、スタートが得意であったり、二の脚が速い馬にはあまり不利にはならないため注意は必要。脚質は先行馬が優勢

過去の主な勝ち馬は、アドマイヤマックス、ネオユニヴァース、デュランダル、ムーンバラッドなどの産駒。主にサンデーサイレンス系が好走傾向にある

札幌芝1000メートルの主なレース
6月 新馬戦 500万下



Copyright(C)keibayosou Google+