札幌競馬場 / 芝2600m

■札幌芝2600m 競馬予想のポイント
・ロングスパートの競り合いになりやすい
・高い持続力を持つ逃げ〜先行馬が優勢
・ダートもこなせる長距離血統が上位傾向

向正面の直線半ばからスタートし、コース全体を1周半回る形態。札幌競馬場における最長距離のコースとなっており、最初のコーナーまでの距離が約160メートルと短いため、スタート直後から先頭集団の激しい主導権争いが繰り広げられる。
1周目の正面スタンドに入った辺りから隊列が落ち着き始め、2周目の向正面の途中までにさらにペースが落ち、3コーナー過ぎからペースアップしゴールまではロングスパートをかけるようになる。
重い洋芝での長距離レースとなるため、高いスタミナが重要となる。終盤に脚を残すことになると思うが、鋭い切れ味よりも高い持続力が必要だ。

枠順は、やや中枠が有利。脚質は逃げ〜先行馬が上位を占めているが、連対数のある差し馬も侮れない。

過去の主な勝ち馬は、ジャングルポケット、マンハッタンカフェ、ジェイドロバリー、ステイゴールド、エルコンドルパサー産駒。洋芝は力が要る馬場のため、ダートもこなせるパワーを持つ長距離血統が有利だ

札幌芝2600メートルの主なレース
8月 支笏湖特別、札幌日経オープン、積丹特別



Copyright(C)keibayosou Google+