東京競馬場 / ダート1300m
■東京ダート1300m 競馬予想のポイント
・施行レースは下級条件が中心
・先行・差し馬が優勢も、逃げ残りにも注意
・サンデー系よりミスプロ・ノーザンダンサー系と好相性

1300メートルは、全中央競馬場の中でも東京競馬場のダートにしかない特殊なコースとなっている。
スタート地点は向正面の半ば付近。3コーナーまでの距離は340メートルあり、芝同様にスタート後に緩やかな上り坂が待ち構えているため、先頭争いも激化しにくいコースとなっている。3コーナー過ぎから下りとなるため、カーブでもスピードが落ちず、速い流れで直線に入る。

ほとんどのレースが下級条件戦であり、先行力のあるスピードタイプがなだれ込む競馬になりやすい。1400メートルよりも1200メートル以下で力を発揮するスプリンターに向いているコース設定で、先手を取れる馬が圧倒的に強い。
東京コースは最後の直線が長い設計だが、差しや追い込みが決まることが少ない為、一般的なダート短距離戦と同じ考えで予想したい。

枠順差は、ほとんど無いと言ってよい。脚質は先行・差し馬が優勢だが、逃げ馬が粘り込んで好走することも多いため、侮れない。

過去の主な勝ち馬は、クロフネ、スウェプトオーヴァーボード、サクラバクシンオー、キングヘイロー、タイキシャトル産駒。サンデー系産駒にも好走実績はあるが、ミスプロ・ノーザンダンサー系の方がコース相性が良い。

東京ダート1300メートルの主なレース
1月〜11月 500万下、1000万下、新馬、未勝利



Copyright(C)keibayosou Google+