東京競馬場 / ダート1600m

■東京ダート1600m 競馬予想のポイント
・芝を長く走れる外枠が有利
・スタートでの出遅れは致命的
・先行馬が優勢も、上級では差し馬も台頭

東京ダート1600メートルは、最初の3コーナーまでかなりの距離があるがスローペースになることは少ないため、芝スタートから加速をつけてスピードに乗せレースに挑む必要がある。そのため、出遅れは致命的と言えるだろう。軽い砂が影響するため、全体的にスピードが求められる。

ダート戦は基本的に逃げ・先行が有利とされているが、1300メートルや1400メートルとの成績差が大きく、この距離では大幅な成績ダウンとなる。
他場のダートコースとは異質の能力が必要とされ、得意な馬と不得意な馬の適性の差がはっきりと分かれる。上級クラスのレースでは後方からの差しや追い込みも届くため、注意が必要だ。

枠順は、芝部分を長く走れる外枠が有利だが、芝が苦手な馬にとっては、どの枠順でも厳しい。脚質は先行有利だが、差しが決まることも少なくはないため、決め手のある馬には注意が必要。

過去の主な勝ち馬は、ゴールドアリュール、シンボリクリスエス、キングカメハメハ、ブライアンズタイム、エンパイアメーカー産駒。成績上位2頭はサンデー系だが、3番手以降はミスプロ・ノーザンダンサー系が占めている

東京ダート1600メートルの主なレース
2月 ヒヤシンスS、フェブラリーS
5月 オアシスS
6月 ユニコーンS
11月 武蔵野S




Copyright(C)keibayosou Google+