東京競馬場 / 芝1400m

■東京芝1400m 競馬予想のポイント
・先行・差し馬の成績が圧倒的
・条件が上がる毎に展開が厳しくなる
・スプリンターよりもマイル向きの適性が重要

スタート地点は向正面の真ん中。最後の直線距離は途中からなだらかな上り坂となり、新潟競馬場の外回りコースに次ぐ長さを持つ。芝1400メートルという距離だが、前半3ハロンよりも後半3ハロンが速いことから、ハイペースになりにくい。
前傾ラップとなる京都競馬場阪神競馬場 などの芝1400メートルと比べてみても、東京競馬場だけが後傾ラップとなる特徴を持っている。

馬場状態にもよるが、条件が上がる毎に展開が厳しくなるため、スピードで押し切るスプリンタータイプよりも、切れが武器となるマイラータイプの方がコース相性が良い。
枠順差は無く、先行・差し馬が圧倒的な成績の良さを見せている

過去の主な勝ち馬は、サクラバクシンオー、ディープインパクト、ダイワメジャー、フジキセキ、クロフネ産駒。直線で差し込める馬、前で粘り込むことの出来る種牡馬産駒が好走傾向にある。

東京芝1400メートルの主なレース
2月 春菜賞、雲雀S
11月 京王杯2歳S




Copyright(C)keibayosou Google+