東京競馬場 / 芝2000m

■東京芝2000m 競馬予想のポイント
・極端な逃げ・追込みは不利
・先行・差し馬が圧倒的な成績
・ディープインパクト産駒と好相性の舞台

スタート地点は1コーナー奥のポケット地点。ここは2000メートル専用のポケット地点となっているため、この部分の芝は常に絶好調だ。スタート後、約100メートル進んだところに左へ曲がる大きなカーブがある非常に特殊なコース形態であり、2コーナーまでの距離が短いため、ここが大きな鬼門となる。
スタート直後は馬群が固まり気味になるため、多頭数の外枠では逃げや先行が得意な競走馬でも距離ロスを強いられ、無理に内へ入り込むと、内側の馬に被せることとなり、審議対象になることもある。
差しや追い込みが得意な競走馬も2コーナーまでのポジション取りは気が抜けない。向正面に入ってもペースがあまり上がらないため、基本的にはスロー展開が多く、最後の直線は力勝負になる。幅広で直線も長いため、馬の能力が発揮されやすいコースだ。

枠順差はあまり無い方だが、4・6・8枠にやや好走が偏りがちにある。脚質は先行・差し馬が優勢。逃げや追込みも決まる場合があるが、成績では大幅な差がある

過去の主な勝ち馬は、ディープインパクト、ステイゴールド、アグネスタキオン、シンボリクリスエス、ダンスインザダーク産駒。決め手のある馬の産駒が好走傾向にある

東京芝2000メートルの主なレース
1月 白富士S
2月 セントポーリア賞、アメジストS
4月 府中S、フローラS
5月 プリンシパルS
10月 天皇賞(秋)




Copyright(C)keibayosou Google+