東京競馬場 / 芝2300m

■東京芝2300m 競馬予想のポイント
・スローから平均ペース
・先行馬が有利な傾向
・サンデーサイレンス系が上位

中央競馬で芝2300メートルでレースを組んでいるのはこの競馬場のみであり、未勝利戦と500万クラスという下級条件でしか行われていないマイナーなコースだ。
レースは2000メートルと比べ、スタート直後の直線や全体距離が長くなった分、流れが緩むことから、スローから平均のペース展開になりやすい。4コーナーを回り終えるまでは淡々とレースが進み、最後の直線では末脚勝負となる。また、上がり3ハロンが案外かかるのが特徴。単純にいえば上がり3ハロンで最も早い脚を使う馬が勝ちやすいコースと言える

枠順は内枠が不利で、外枠に成績が集中している。施行距離から差しが優勢に思えるが、先行馬の方が成績では上となっている点に注意したい。

過去の主な勝ち馬は、アグネスタキオン、ハーツクライ、ダンスインザダーク、タニノギムレット、ゼンノロブロイ産駒。成績上位馬のほとんどがサンデーサイレンス系となっている

東京芝2300メートルの主なレース
4月 新緑賞
5月 3歳未勝利



Copyright(C)keibayosou Google+