東京競馬場 / 芝3400m

■東京芝3400m 競馬予想のポイント
・年によってペースが異なる
・基本的に差し馬が有利なコース
・長距離適性の高いサンデーサイレンス系に注目

ダイヤモンドS のみ施行されている特殊なコース。スタート地点は向正面直線の真ん中で、下りスタートから合計4回の坂越えが特徴。
基本的にスローペースの競馬が多くなっているが、平均的なラップが続くこともあれば、速い流れになることもあるため、年によって様々な傾向になる点は注意したい。
また、極端なスローペースの場合は馬群が広がってしまうため、外を回る馬には大きな距離ロスを受けることとなる。
2周目の4コーナー手前から後続馬が押し寄せるため、直線で逃げ・先行馬が飲み込まれやすく、どんなペースでも逃げ・先行馬が不利ということが共通している。

枠順の有利・不利は殆どない。レースの開催が冬場の東京ということもあるが、基本的には差し馬が優勢なコースとなっている

過去の主な勝ち馬としては、ハーツクライ、ダンスインザダーク、キングカメハメハ、シンボリクリスエス産駒。長距離適性の高いサンデーサイレンス種牡馬産駒が活躍している

東京芝3400メートルの主なレース
2月 ダイヤモンドS




Copyright(C)keibayosou Google+