種牡馬/フサイチコンコルド
トップ > 種牡馬 > フサイチコンコルド
東京・新潟・小倉の芝1400mが主戦場【フサイチコンコルド】

現役時代の成績 【5戦3勝】

【主な勝ち鞍】
日本ダービー 、すみれS

【代表産駒】
ブルーコンコルド、バランスオブゲーム、オースミハルカ、インプレスウィナー

新馬戦、すみれSを連勝し、皐月賞への権利を取ったものの、弱い体質から出走を回避。ダービーへと目標を絞った。
すみれSから中11週で挑んだものの、ダービーでは不利の連続。それでも好位から先に抜け出したダンスインザダークを競り落として圧巻の差し切り勝ちを見せた。

産駒の多くは立ちまわりの上手さが持ち味であるため、小回り向きの機動力を伝え易いロベルトやボールドルーラとの配合は上手くいき、最近ではインプレスウィナーをはじめ、ロベルト系を持つ牝馬との間に活躍馬が良く出るようになってきた。

バランスオブゲームが抜群の機動力で中山の重賞勝利を重ねたように、そういった立ち回りの上手さが、最大の長所。
ローカルの芝1800mやダ1700m、東京なら1600mより1400mといったごまかしの利く距離で激走するタイプが多い。切れる脚が使えるタイプでは無いため、積極的に動かして行くタイプの騎手との相性が良い。以上を踏まえて競馬予想に臨みたい。