阪神競馬場 / 芝2400m

■阪神芝2400メートル 競馬予想のポイント
・外枠が連対馬を多数輩出
・中距離馬でも好走できるコース
・力のある種牡馬産駒が好走傾向

2006年に新設されたコース。芝2000メートルと同じ地点から外回りコースを使用して1周強回る。外回り施行の前半はスローペースでレースが流れるため各馬が末脚を温存する傾向がある。
ゴール前に急坂があるがものの、全体的に直線が長いコース設計のため、ラスト3ハロンで急激にペースアップする上がり勝負が濃厚で、決め手の勝負となるため差し馬が有利。
純粋に能力の高い馬でなければ最後まで逃げ残るのは難しい。前半がスローな展開となりやすいため、それほどスタミナは求められないことから、中距離適正の競走馬でも十分にこなせるコースとなっている。

枠順はほぼフラットだが、外枠から連対馬が出ることが多い。脚質は先行〜差しの成績が良い。
過去の主な勝ち馬は、キングカメハメハ、ステイゴールド、マンハッタンカフェ、グラスワンダー、ミスキャスト産駒。1600〜2200mではディープインパクト産駒が最上位の成績だったが、この条件では連対候補まで。

阪神芝2400メートルの主なレース
3月 御堂筋S、ゆきやなぎ賞、アザレア賞
4月 白鷺特別、大阪ーハンブルクカップ
6月 香住特別
9月 神戸新聞杯 、兵庫特別
12月 オリオンS、江坂特別




Copyright(C)keibayosou Google+