小倉競馬場 / 芝1200m

■小倉芝1200m 競馬予想のポイント
・スピードの出やすいコース
・先行有利も、開催後半は差しも決まる
・サクラバクシンオー産駒が圧倒的な成績

向正面直線2コーナーのポケットがスタート地点。小倉競馬場は2コーナーのところが最高部となっており、スタート後から200メートルほど下り始めるため、スピードがでやすい。
コース形態により前半の600メートルはとにかく速く、3〜4コーナーに差し掛かっても速いままになるため、最後の直線に入る前のコーナーリングは案外難しく、直線では大きく外に膨らむ。
どのクラスでも33秒台前半が水準となるが、古馬重賞ともなれば32秒台にもなる。

枠順には大きな差はないが、やや外枠が有利。脚質は、基本的に先行有利だが、前後半のラップ差が激しいので前崩れになることもある。馬場が荒れている後半では、外差し馬場となるため注意が必要となる。

過去の主な勝ち馬は、サクラバクシンオー、キングカメハメハ、フジキセキ、アグネスタキオン、タイキシャトル産駒。中でもサクラバクシンオー産駒は他の種牡馬に大きな差を付けているため、信頼したいところ

小倉芝1200メートルの主なレース
8月 北九州記念
9月 小倉2歳S



Copyright(C)keibayosou Google+