京都競馬場 / 芝1400m(内回り)
トップ > コース紹介 > 京都競馬場 > 芝1400m(内回り)
■京都芝内回り1400m 競馬予想のポイント
・外枠発走がやや有利
・先行・差し馬が好走傾向
・パワータイプの産駒が好走傾向

京都芝1400メートルは、内回りと外回りがあり、内回りは主に下級条件でのレースが行われているため、上級条件でのレースでは使われないため、メジャーではないが、レース数は内回りのほうが多い。向正面2コーナーのポケットがスタートとなり、3コーナーまでの長い直線、3〜4コーナーのカーブが緩く、勾配がきついのが特徴。勝負どころは直線入り口となり、ここでのポジションが結果を大きく左右する。内枠がロスなく立ち回るため、後続は余儀なく外を回らされる。その分ロスが大きくなるため、ロスの少ない捌き方がポイントとなる。直線が短く、下級条件は強い馬が先行するため、先行馬有利のコースでもある。

枠順は有利不利が少ないが、立ち回りが重要となる。脚質は先行〜差し馬に好走が多く、勝率・連対率・複勝率では先行が圧倒的のため、先行馬有利のコースと言える

過去の主な勝ち馬は、サクラバクシンオー、キングカメハメハ、フジキセキ、クロフネ産駒。血統面では、京都芝1200mと変わらない成績順と言える。パワータイプの産駒が比較的好走傾向にある

京都芝1400メートル(内回り)の主なレース
2月 寒桜賞
10月 りんどう賞、かえで賞



Copyright(C)keibayosou Google+