京都競馬場 / 芝1200m
■京都芝1200m 競馬予想のポイント
・逃げ〜先行馬が有利
・コース形態から、やや内枠が優勢
・サクラバクシンオー産駒が圧倒的な成績を誇る

スタート地点は、向正面半ば付近。スタート後、3コーナーにかけていきなり上り坂になっているため、さほどテンポは速くならない。中山芝1200m阪神芝1200mとは対照的なコース形態。3〜4コーナーのカーブは内回りコースを使用、180度近く曲がることになるため、外に振られる傾向が見られる。3コーナー入り口付近にある坂は頂上から一気に下りとなる。最後の直線は平坦で、直線距離は中山競馬場に次ぐ短さとなっている。

枠順は、ほぼフラットだが、外枠が3〜4コーナーで振られる傾向があるため、やや内枠有利。脚質は、A〜Bコース時は逃げ〜先行馬が、C〜Dコース時は差し馬の台頭が多くなるため、逃げ〜差しの連対率がほぼ互角となっている逃げ〜先行が有利。また、京都競馬場は馬場が軽いため、全脚質で適応することが重要である。

過去の主な勝ち馬は、サクラバクシンオー、キングカメハメハ、フジキセキ、クロフネ産駒。中でも、サクラバクシンオーは勝ち鞍・回収率共に優秀であり圧倒的。

京都芝1200メートルの主なレース
1月 淀短距離、シルクロードS 
4月 橘S
5月 葵S、鞍馬S
10月 オパールS
11月 京洛S、京阪杯



Copyright(C)keibayosou Google+