中山競馬場 / 芝1600m
■中山芝1600m 競馬予想のポイント
・末脚の切れが重要
・中枠、先行馬が有利
・サンデーサイレンス系産駒が優秀

1コーナー横のポケット地点スタートは。2コーナーまでの直線は240メートルの緩やかな下りとなっており、序盤から自然とペースアップしていく。スピードに乗った状態で3〜4コーナーに入っていき、勢いに乗ったまま膨らみ加減で最後の直線に向いていく。
道中でペースが緩むことがないため、平均ペースからやや前傾が基本。テンポも速くなるわけでもないため、前が残りやすく最後の直線での末脚の切れが問われる。

枠順に大きな差は無いが、やや中枠が有利。内ラチをぴったり回りながら、前々に位置し直線で抜けてくる競馬が正攻法のとなるため、脚質は先行馬が有利だが、切れ味のある差し馬も届く。

過去の主な勝ち馬は、キングカメハメハ、ダイワメジャー、マンハッタンカフェ、ディープインパクト、アグネスタキオン産駒が上位。

中山芝1600メートルの主なレース
1月 フェアリーS
4月 ダービー卿チャレンジトロフィーニュージーランドトロフィー
9月 京成杯AH
12月 朝日杯フューチュリティS



Copyright(C)keibayosou Google+