中山競馬場 / 芝1800m

■中山芝1800m 競馬予想のポイント
・1コーナーまでのポジション取りが重要
・先行馬有利だが、差しも届くため注意が必要
・サンデーサイレンス系産駒が好走している

正面スタンド前の直線半ばからスタートとなり、ゲートオープン後すぐに急坂が待ち構えている。急坂から1コーナーまでの距離は約205メートルと短いためポジション取りが大きなポイントとなる。
1〜2コーナーの中間までは上り坂、その後は内回りコースへと入り、向正面は平坦、3〜4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっているため入り口から速くなる。4つのコーナーを越えていくコースとなるため、前に行く馬が強い

枠順に大きな差は無いが、やや内枠が有利。脚質としては先行馬が優勢だが、差し馬も届かないわけではないため、軽視は禁物。
いずれにせよ右回り芝1800メートルに対するコース適正が必要となり、脚質を問わず、この距離で実績のある馬には注意が必要だ。

過去の主な勝ち馬は、ディープインパクト、ネオユニヴァース、キングカメハメハ、シンボリクリスエス、ハーツクライ産駒。主にサンデーサイレンス系産駒が好走している。

中山芝1800メートルの主なレース
2月 中山記念
3月 中山牝馬SフラワーCスプリングS
7月 ラジオNIKKEI賞



Copyright(C)keibayosou Google+