G2/スプリングステークス
トップ > レース情報 > G2/スプリングステークス
【開催場所】中山競馬場
【コース】芝1800m

■スプリングステークス 競馬予想のポイント
・内枠が絶対に有利!
・1番人気馬が驚異の複勝率
・前走はきさらぎ賞共同通信杯組が強い

中山競馬場、芝1800mで施行される中央競馬の重賞競走。3歳限定戦になっており、上位3着までに入賞した各馬には皐月賞への優先出走権が付与される。斤量は56kgで、牝馬はセックスアローワンスにより2kg減で54kgが課されることになっている。

第1回の施行は1952年で歴史のある重賞となっており、グレードによる格付けはG2。皐月賞トライアルの中では一番歴史のあるレースになっており、弥生賞とともに皐月賞の重要な前哨戦として位置づけられている。G1馬の多くがこのレースに出走経験を持つなど、後のスターホース達が通る道筋の一つとなっている。

過去の成績からレース内容をひも解いてみると、例年比較的順当な結果で収まっている。特に連対する馬は5番人気以内の馬が多い。ただし、3着馬あるいは2着馬には2ケタ人気の馬が好走ケースもある。それでも3連単配当が10万円を超えることは稀なので、競馬予想の際に無理に穴を狙うのは辞めた方が良いだろう。

脚質では先行馬が有利。複勝率では差し馬も好走するケースが多く、先行馬と差し馬で上位決着するケースが多い。枠順では内枠が絶対的に有利なので競馬予想の際には忘れずにおきたい。6枠8枠からも勝鞍が出ているが、もっとも良いのは3枠。複勝率では1枠2枠が優秀で、相対的に内枠有利と言えそう。人気では1番人気馬にはかなりの信頼が置け、複勝率では80%を超えるので、1番人気馬の割引きは辞めた方が良い。

その他、前走レースではG3きさらぎ賞G3共同通信杯経由で臨んだ馬が好走傾向が高いので、予想の際には前走が前述のレースだった馬は要注意だ。朝日杯フューチュリティステークス経由で臨んだ馬もいるが、勝ち切るのは容易ではなく2着3着が多くなっているので、こちらも予想の際の参考にして欲しい。



Copyright(C)keibayosou Google+