中山競馬場 / 芝2200m

■中山芝2200m 競馬予想のポイント
・持続力勝負となりやすい
・逃げ馬の前残りには注意
・ステイゴールド、キングカメハメハ産駒と好相性

4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端がスタート地点。1コーナーまでの直線距離は約432メートルで、そこから外回りのコースを使うため、2コーナーまでは直線に近い緩やかなカーブとなる。
外回りのコースを使うため直線部分を走る距離が長いということもあり、自然とペースも上がりやすい。単純な直線だけの上がり勝負にはなりにくく、末脚の持続力が必要とされる。

枠順は外枠が有利。脚質は先行・差し馬が優勢だが、前残りとなりそうなメンバーが揃った場合は、逃げ馬がそのまま逃げ切ってしまう場合もあるため、注意が必要

過去の主な勝ち馬は、ステイゴールド、キングカメハメハ、ネオユニヴァース、ジャングルポケット、ディープインパクト産駒。切れ味よりも持久力のあるタイプが優勢だ

中山芝2200メートルの主なレース
1月 アメリカJCC
9月セントライト記念オールカマー



Copyright(C)keibayosou Google+