札幌競馬場 / 芝1800m

■札幌芝1800m 競馬予想のポイント
・サンデーサイレンス系産駒が上位
・コース設定により、有利な脚質が異なる
・先行争いは激しいが、基本はスローペース

正面スタンド前がスタート地点。最初のコーナーまでは約180メートルと短いため、コーナーが終わるまで先行争いが続く。それにより最初の1〜2ハロンにかけて徐々にペースが速くなってくる。
向正面に入ればペースは落ち着いてくるが、極端に緩むというわけではなく一定のペースで流れていくことが多い。基本はスローペースのため、上がりの競馬にはあまりならない。

枠順は、中〜外枠が有利。脚質は先行が有利だが、仮柵が外側に広がるにつれて差し馬が活躍し始めるため、コース設定には注意が必要だ。

過去の主な勝ち馬は、シンボリクリスエス、スペシャルウィーク、ディープインパクト、キングカメハメハ、ネオユニヴァース産駒。主にサンデーサイレンス系が好走傾向にある。上記の馬以外にもアグネスタキオン産駒は連対数で優秀な成績を収めているため、出走した際には注目したい
札幌芝1800メートルの主なレース
8月 コスモス賞、クイーンS
9月 札幌2歳S



Copyright(C)keibayosou Google+