東京競馬場 / ダート1400m

■東京ダート1400m 競馬予想のポイント
・距離適性のある馬に注目
・ミスプロ系産駒が上位常連
・日本ダート最長の直線距離がポイント

東京、京都、阪神と3会場でダート1400メートル戦が施行されているが、東京以外の競馬場ではスタート地点が芝となるため、純粋なダート戦となるのは東京競馬場だけ。
スタート地点は向正面直線の右寄りで、最後の直線距離は501.6メートルと、日本のダートコースの中でも最長距離を誇る。コーナーとの距離が長いこともあって、スピードが緩まないのが特徴。
この特徴上、スプリンターの要素を必要とする1300メートルに対し、1400メートルでは距離適正が求められる事となるため、切れよりもスタミナのある競走馬の方が有利にある。
枠順に大きな差は無いものの、外枠寄りの方が若干成績が上。脚質は先行馬が圧倒的だが、差しも決まるため、実力馬同士のレースでも油断できないだろう。

過去の勝ち馬は、クロフネ、フレンチデピュティ、ゴールドアリュール、サウスヴィグラス、フジキセキ産駒。ノーザンダンサー系の産駒も良く走るが、上位成績のほとんどはミスプロ系と偏りが見られる。

東京ダート1400メートルの主なレース
1月 根岸S
2月 銀蹄S
10月 ペルセウスS、神無月S、河口湖特別
11月 霜月S



Copyright(C)keibayosou Google+