G1/ジャパンカップ
トップ > レース情報 > G1 / ジャパンカップ
【開催場所】東京競馬場
【コース】芝2400m

■ジャパンカップの競馬予想のポイント
・差し馬が断然の好走率
・枠順はフラット
天皇賞(秋)組が中心

東京競馬場、芝2400mで施行される中央競馬の重賞競走。3歳以上の重賞となっており、斤量は3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬はそれぞれ2kg減が課されることになっている。

第1回の施行は1981年でグレードによる格付けはG1である。国際招待競走となっており、海外馬の遠征時の費用などを日本側で負担する。過去14頭の外国馬が優勝を果たしている。

過去10年の成績からレース内容をひも解いてみると、優勝馬は2008年スクリーンヒーロー(9番人気)を除いて、すべて5番人気以内の馬が優勝を果たしていた。2着馬もすべて7番人気以内で、うち6頭が1〜2番人気となっており、馬連・馬単は比較的順当な結果に収まっている。一方、3着馬となると2ケタ人気馬の好走も許すようになってきており、組み合わせ次第では3連単は10万馬券を超える。3連系の馬券の検討の際には幅広い検討が必要と言えるだろう。

脚質では差し馬が圧倒的な好走率を誇っており、優勝馬も差し馬から8頭が送り出されている。連対率も高く差し脚鋭い馬の軽視はオススメできない。残りの2勝が先行馬で、連対率では差し馬に並ぶ優秀さ。複勝率では差し馬を上回っており、差し×先行で決まるパターンが多い。追い込み馬は健闘しても2着までだが、毎年1頭ほどのペースで入賞馬を送り込んでいる。逃げ馬は1頭の入賞も無く割引が可能。

枠順では、優勝馬はすべての枠から輩出されておりほぼフラットと見て良い。ただし、2着馬となるとやや偏りが見られ、5枠と8枠が4頭ずつ輩出しており、したがってこの二つの連対率は高く20%を超える。複勝率では先述の5枠8枠に加え、1枠と3枠がそれぞれ20%を超える結果となっている。

前走レースでは天皇賞・秋経由で臨む馬が圧倒的に多く、好走馬も実際ここから多く輩出されている。他には菊花賞秋華賞、凱旋門賞などが続く。アルゼンチン共和国杯経由の馬は先述のスクリーンヒーローのみの入賞のみとなっている。天皇賞・秋経由の馬に特に注目してみると、天皇賞・秋で馬券になっていた馬が比較的馬券になりやすく不用意な軽視は控えたほうが良さそうな結果となっている。



Copyright(C)keibayosou Google+