G2/ホープフルS
トップ > レース情報 > G2/弥生賞
【開催場所】中山競馬場
【コース】芝2000m

■ホープフルステークスの競馬予想のポイント
・先行馬が有利
・中〜外枠にやや好走馬が多い
・京都2歳S、東スポ杯2歳S経由の馬に注意

中山競馬場、芝2000mで施行される中央競馬の重賞競走。2歳限定の牡馬・牝馬混合レースとなっており、斤量は馬齢重量。牡馬55kgを基本として、牝馬は1kg。

1984年に牝馬限定戦として創設され、阪神の芝1600mで施行。同世代の牝馬チャンピオンを決めるのに重要な役割を果たしていた。1991年3歳重賞路線の大きな変更が行われた際に従来の牝馬限定戦から大転換し、牡馬・セン馬限定戦に変更し、距離も2000mに大幅延長。2000年からは牝馬も出走可能となっている。2006年からはラジオNIKKEI杯2歳ステークスに改称され2013年まで行われていたが、2014年から2歳戦の中距離路線の拡充が行われることになり、本重賞競走の中山競馬場に移設されると共に名称がホープフルステークスに改められた。変更が発表された当時はラジオNIKKEI杯2歳Sの格付けを継承したG3競走とされていたが、のちにG2格付けを獲得したことが発表された。なおホープフルステークスに改称された2014年からはセン馬の出走が不可能になっている。

※2014年より施行コースが中山競馬場となるため、データは人気と前走レースをラジオNIKKEI杯2歳S時代の過去8年のデータを、脚質と枠順を中山芝2000mで施行されていたホープフルSの過去10年のデータを元に収集している。

ラジオNIKKEI杯2歳Sの成績からレース内容をひも解いてみると優勝馬は1番人気と4番人気馬がそれぞれ3勝を挙げ共に勝率でトップ。2着馬は1〜3番人気馬がそれぞれ2頭ずつを輩出し、1番人気が連対率・複勝率でトップ。3着馬は2番人気から3頭輩出されトップ。次いで7番人気から2頭が輩出されている。上位入着馬は1ケタ人気以内に収まり、上位4番人気以内に好走馬が偏っているが、人気薄の馬からも入着馬が出ているためその点に注意したい。

脚質では先行馬が6勝を挙げ勝率でトップ。次いで差し馬が2勝を挙げて成績で続いている。2着馬は先行馬が5頭を輩出、3着馬は差し馬が4頭、先行・追込馬が3頭ずつ入着を果たしている。全体的な好走馬が多いのは先行馬となっているため先行馬を中心視し、2・3着となることが多い差し・追込馬は相手として考えたい。また、逃げ馬は過去10年で10頭が出走し2005年のニシノアンサーが勝ち鞍を獲得した以外では入着が無いため割引は可能だろう。

枠順では7枠が3勝を挙げ勝率でトップ、次いで1・5・6枠が2勝を挙げている。2着は5枠から3頭、2・4・7枠からそれぞれ2頭を輩出。3着は8枠から3頭、2・6枠からそれぞれ2頭が輩出されている。好走馬の多くは中〜外枠にみられるが、内枠の成績が悪いという訳では無いため注意が必要。しかし、3枠だけは過去10年で1頭も入着馬を輩出できていないため割引対象となりうるだろう。予想をする際には好走馬の多い中〜外枠を中心視。

前走レースでは京都2歳S経由の馬が3勝を挙げトップ。次いで東京スポーツ杯2歳S経由の馬が2勝を挙げて続く。2着馬は新馬戦・札幌2歳S・千両賞経由の馬がそれぞれ2頭、3着馬は新馬・札幌2歳S経由の馬がそれぞれ2頭入着している。重賞競走経由の馬は連対率・複勝率共に高い数値となっているため信頼度も高いのだが、2歳戦ということで新馬戦や特別戦経由の馬が勢いに乗って逆転することもあるため油断は禁物だ。



Copyright(C)keibayosou Google+