G3/京阪杯
トップ > レース情報 > G3/京阪杯
【開催場所】京都競馬場
【コース】芝1200m

■京阪杯の競馬予想のポイント
・先行馬を中心に前にいける馬が中心
・京洛S、スワンS経由の馬に注目
・3〜4歳馬に好走馬が多い

京都競馬場、芝1200mで施行される中央競馬の重賞競走。3歳以上のレースとなっており、斤量は別定。3歳55kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減を基本として、日本馬は収得賞金が3000万円を超過した馬は超過額2000万円毎に1kg増。外国調教馬はG1競走1着馬は5kg増、G2競走1着馬は3kg増、G3競走1着馬は1kg増(ただし2歳時の成績を除く)の斤量が課せられる。

1956年に京都特別の名称で芝2200mのハンデキャップ競走として創設されているため、第1回開催も同年となる。1961年に現在の競走名に改称されている。1984年のグレード制施行によりG3に格付けされ、短距離路線の整備に伴い2006年に現行の距離に変更されている。京都競馬場では年間を通して最後の重賞競走として定着。2014年からはジャパンカップと同日開催となっている。

過去10年の成績からレース内容をひも解いてみると、優勝馬は2ケタ人気まで分布しており、1番人気が3勝でトップ。2・3着も2ケタ人気一杯にまで分布しているため大波乱含みのレースと言えるだろう。好走の多くは人気サイドではあるが伏兵馬の台頭には十分な警戒が必要だ。

脚質では先行馬が5勝を挙げてトップ。2・3着馬は差し馬から多く輩出されており、追い込み馬がそれに次ぐ成績となっている。勝率・連対率・複勝率でトップなのは逃げ馬で、過去10年で6頭が出走し2勝2着2回と好走しているが出走自体が少ない。あくまで出走した際の押さえとすると良いだろう。勝率・連対率・複勝率の次点は先行馬となっているため、前に行ける馬を積極的に狙いたい。

枠順では、勝ち鞍が1〜7枠に分布しているが2枠が3勝を挙げ勝率でトップ。2着は1枠が3勝を挙げ連対率・複勝率でトップの成績となっている。3着馬は3〜5枠で合計7頭を輩出している。上位入着馬が内〜中枠にかけて集中しているため、ここを中心に外枠を押さえとして考えると良いだろう。

前走レースでは京洛S経由の馬が3勝を挙げトップ。2・3着はスワンS経由の馬がそれぞれ3頭入着を果たしていた。勝率・連対率・複勝率でトップなのは長岡京S、ローズS経由の馬だが過去10年でそれぞれ1頭が出走したのみのため割引。全体的に重賞競走よりも特別戦を経由した馬が好走する傾向が見られるため、その点に注目したい。

最後に年齢に注目してみると3歳馬が4勝を挙げ勝率・複勝率でトップ。次いで4歳馬が3勝を挙げ連対率でトップの成績を残していた。5歳馬も好走しているが、3・4歳馬に比べて分母が大きいため、成績では劣る結果となっている。また、6歳馬からも勝馬が輩出されているが、これは2009年のプレミアムボックス(7番人気)1頭のみのため割引は可能。若い馬を中心に高齢馬を対抗とするのがベストかもしれない。



Copyright(C)keibayosou Google+