G3/小倉サマージャンプ
トップ > レース情報 > G3/ 小倉サマージャンプ
【開催場所】小倉競馬場
【コース】障害・芝3390m

JRAが小倉競馬場の障害芝3390mで施行する中央競馬の障害の重賞競走である。1998年まで障害のオープン特別競走として施行されていた小倉障害ステークスを前身とし、1999年に障害競走にグレード制が導入された事により、夏の中央競馬開催にも障害馬が出走できる競走を整備する意味合いのもと、小倉障害ステークスを重賞に格上げする形で、4歳(現3歳)以上のハンデキャップの混合競走の重賞競走、小倉サマージャンプとして新潟ジャンプSとともに新設された。

夏の障害重賞路線の第1戦であり、ダートコースの内側にある障害コース及び襷コースを使用して行われる。まず障害コースの正面コースから発走し、通常とは逆の左周りに周回したのち、襷コースを経由して右回りに周回し、4コーナーで本馬場の芝コースに出て移動式の障害を1台飛越してゴールする。なお、2006年には本競走で障害競走史上最高額の3連単配当で1,205,020円を記録した。

2001年に馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳以上」から「3歳以上」に変更され、2005年には薄暮競走実施により、関西主場においての最終競走の発走時間を16時50分に設定したことにより、本競走の競走番号を第10走から第9走に変更している。

〜過去の成績から見るレース傾向〜
枠番は3・4・6枠にかけて成績が良いが、ほぼ全ての枠で連対する傾向がある。障害競走の為、脚質には有利不利が無い。また、前走で1着だった馬が本競走でも勝ち馬となることが多い為、競馬予想をする際には3・4・6・発走で前走1着だった馬を中心に考えるのが基本となる。