種牡馬/メイショウサムソン
トップ > 種牡馬 > メイショウサムソン
一発大物誕生に期待が持てる【メイショウサムソン】

現役時代の成績 日仏通算【27戦9勝】

【主な勝ち鞍】
日本ダービー皐月賞天皇賞(春)天皇賞(秋)大阪杯スプリングS

【代表産駒】
イルミナティ

2歳夏の小倉競馬でデビューし、3戦目で初勝利を挙げた。3歳時には皐月賞トライアルのスプリングSで重賞初勝利、皐月賞の優先出走権を獲得して本番に挑むものの、6番人気と評価は高くなかった。しかし、レースではスプリングSで敗れたドリームパスポートの猛追を抑えこんで、クラシックの栄冠を手にした。

その後に挑んだ日本ダービーでも逃げ粘るアドマイヤメインをクビ差で差し切っての優勝。昨年のディープインパクトに続いての二冠を達成した。

翌年以降もクラシック戦線を中心に活躍し、天皇賞(春・秋)を勝利し、2008年の有馬記念での8着を最後に現役を引退。2009年1月には京都競馬場で引退式が行われた。

2012年度産駒が初産駒となる。代表馬のイルミナティが産駒初勝利を挙げている。産駒の傾向がダートよりも芝に適性を見せており、1800m以上の距離が向いている。

この馬と同様に勝ちあがりまでに時間のかかる産駒が多いが、大物を誕生させる期待は十分にある。先行力を生かした馬が良く走るため、競馬予想の際には注意したいところ。