阪神競馬場 / 芝1800m

■阪神芝1800メートル・外回り 競馬予想のポイント
・開催時期のコース変更に注意
・コース毎に有利な脚質が変わる
・ディープインパクト産駒が圧倒的!

スタート地点は、芝1400メートルのスタート地点と同じ2コーナー出口付近のポケットだが、外回りのコースのため、3コーナーまでは600メートル以上も距離がある。そのため、テンポが緩く、レースはスローペースになりやすい。
4コーナー半ばの直線に入る手前から加速していく形となるため、緩急に対応できるかどうかが好走ポイントと言えるだろう。3〜4コーナーにかけてのカーブは距離が長く、大外に回ると大幅な距離ロスを受けるため、馬群の内に入れて回るのがベスト対応。また、後傾ラップでのレースが基本となるため、速い上がりを求められる分、瞬発力不足の馬にとっては厳しいコースとなっている。開催前半ではAコース、後半ではBコースと開催時期によってコース設定も変わる。

枠順差はあまり無い方だが、やや外目が好走傾向にある。脚質的にAコース開催の場合は、差し馬が優秀であり、Bコース開催時は逃げ〜先行馬が活躍するという傾向もある。

過去の主な勝ち馬として、ディープインパクト、キングカメハメハ、マンハッタンカフェ、ハーツクライ、アグネスタキオン産駒。サンデー系が上位を占めているが、ディープインパクト産駒は倍以上の好成績を挙げているため、独壇場といったところだ。

阪神芝1800メートルの主なレース
3月 毎日杯 、四国新聞杯、君子蘭賞、須磨特別、大阪城S、アルメリア賞
4月 蓬菜峡特別、はなみずき賞、難波S
6月 和田岬特別、垂水S、三木特別
9月 ローズS 、夕月特別、野路菊S、野分特別、西宮S
12月 朝日チャレンジC、元町S、猪名川特別




Copyright(C)keibayosou Google+