G3/毎日杯
トップ > レース情報 > G3/毎日杯
【開催場所】阪神競馬場
【コース】芝1800m

■毎日杯 競馬予想のポイント
・1番人気は信頼度高
・差し馬が有利
・枠順はまったく不問
きさらぎ賞アーリントンカップ共同通信杯組が好成績

阪神競馬場、芝1800m外回りで施行される中央競馬の重賞競走。3歳限定戦となっており、皐月賞の最後の前哨戦として位置づけられている。とは言え、上位入賞馬への優先出走権が付与される訳ではなく、スプリングステークスや、弥生賞と言った前哨戦に出走できなかった有力馬などが、獲得賞金狙いで出走してくるケースが往々にしてある。斤量は55kg、牝馬はセックスアローワンスにより-1kgとなる54kgが課されることになっている。

第1回の施行は1954年で歴史のあるレース。その距離から近年ではNHKマイルカップの前哨戦としての位置づけもされてくるようになっており、当レース経由でNHKマイルカップの勝馬を5頭輩出している。

過去の成績からレース内容をひも解いてみると、過去10年では1番人気馬の勝率は5割となっており、1番人気馬は信頼がおけるので競馬予想の際の割引きには注意を要する。その他、11〜12番人気の2ケタ人気の馬も好走歴があるが近年では稀。直近のデータに絞れば順当な結果が多くなっている。

脚質ではダンゼンに差し馬が優秀。勝鞍・連対率・複勝率のいずれも差し馬が優秀なので、アタマに据えるなら差し馬をオススメしたい。次いで追い込み馬、先行馬と続く。外回り阪神特有の直線と、最後に待ち構える坂で先行馬が崩れてしまうケースが多い。差し馬2頭と先行馬1頭での決着が王道。中には差し馬3頭で決着するケースもあるほどだ。

枠順傾向ではすべての枠から勝馬が輩出されており、完全にフラットと見て良い。連対率では2枠4枠7枠が若干良い程度。予想の際には枠順に関する不安は一切抜きにして予想してみよう。

その他、前走レースではきさらぎ賞アーリントンカップ共同通信杯経由で臨んだ馬の好走が多いのも予想の際のポイントとなりそう。京成杯東京スポーツ杯2歳S組は馬券に絡めていない結果となっているので割り引く必要があるかも知れない。



Copyright(C)keibayosou Google+