京都競馬場 / 芝1400m(外回り)
トップ > コース紹介 > 京都競馬場 > 芝1400m(外回り)
■京都芝外回り1400m 競馬予想のポイント
・先行馬〜差し馬が有利
・外枠が好走傾向
・サクラバクシンオー産駒が優秀

京都芝1400m内が下級条件で使われるのに対し、外回りは上級条件で使われる。スタート地点は向正面左にある2コーナーの入り口付近。内回り同様に3コーナーまで長い直線となり、4コーナーへかけてカーブは緩いが、コーナー中間の丘は内回りより1.2メートル高いため、上りはなだらかでも下りは傾斜がきつくスピードが出る。
平均的な流れになりやすいが、レースによって様々。スローペースになることもあれば、逃げ馬が飛ばしてハイペースになることもある。また、スプリンター・マイラーどちらもこなしやすい条件のため、どちらを選ぶかもポイントとなる。

枠順は外枠が有利。脚質は先行〜差しが中心だが、内回りほど逃げ〜先行中心となるわけではない。外回りはゴール前が内回りよりも76メートル長いこともあり、差し馬の台頭が目立つ。また、コース問わず逃げ馬の単勝回収率が高いため侮れない。

過去の主な勝ち馬として、サクラバクシンオー、ディープインパクト、クロフネ、タイキシャトル産駒が上位。中でもサクラバクシンオー産駒は他馬を寄せ付けない成績。京都芝1200m より優勢ではないが、同コースの内回りよりはマシ。

京都芝1400メートルの主なレース
1月 紅梅S、石清水S
2月 斑鳩S
4月 橘S
5月 安土城S、朱雀S
10月 長岡京S、スワンS
11月 ファンタジーS



Copyright(C)keibayosou Google+